しまね和牛
Shimane Wagyu
和牛伝説
むかし
古くからたたら製鉄の主産地だった出雲の山間部では、輸送手段として多数の牛馬が不可欠な存在でした。
そのため牧畜も盛んでしたが、中国山地が和牛の産地として、全国にその名を馳せるのは近世の中期以降のことです。
延慶3年(1310年)の『国牛十図』では、出雲・石見が、また応安二年(1369年)の『駿牛絵図』では出雲が良牛の産地としてあげられています。
江戸時代、松江藩は雌牛を買い上げ、田畑の肥料として牛糞を有効利用する目的で、仁多、大原、飯石、神門などの生産農家に飼育させていました。
昭和30年代に入ると、役用としての需要は激減し、和牛は肉用へと経済的性格を変化させていきました。
その後の改良の成果が実り、第七糸桜号を代表とする優秀な種雄牛が誕生し、「しまね和牛」の名声は全国にとどろき、現在に至っています。
しまね和牛の特徴
しまね和牛は性質がおとなしいため飼育しやすく、また早熟早肥で体格・体型に優れています。
過去七回の全国和牛能力共進会において内閣総理大臣賞を二度受賞するなど常に上位を占め、全国的に高い評価を受けています。
その肉は、鮮やかな色合いと、きめ細やかな「霜降り肉」、深いコクと風味豊かな味わいが特徴です。
いまでは
島根の和牛生産は、以前は、豊かな自然環境の中で子牛を産ませ、その子牛を売って収入を得る”子とり“が中心で、全国の和牛生産地へ繁殖用及び飼育用の”もと牛“として供給されていました。
しかし、近年になってから、安全でおいしい国産牛肉に対する消費者のニーズに応えるため、県内での飼育も盛んに行われています。
私たちは、「しまね生まれ」「しまね育ち」のしまね和牛肉の安定供給にむけてさまざまな努力を続けています。